東広島市 賃貸 名所 イベント

082-422-7755

営業時間9:30~18:00 定休日火曜日

東広島市のご紹介

広島大学や広島国際大学、近畿大学を擁する学園都市。
兵庫県の灘、京都府の伏見と並び称される酒どころ、西条町を中心に九つの町が合併し、構成されています。西条町に隣接する八本松町や高屋町には工業団地が多く、マイクロンメモリをはじめ多くの労働者が集まる場所でもあります。
周囲を山と瀬戸内海に囲まれ、山の幸も海の幸も楽しめる東広島市の名所やイベントをご紹介いたします。

イベント

鋭意準備中

酒祭り(西条)

毎年10月上旬に行なわれるお酒の祭典。20万人を超える人出でにぎわい、灘(兵庫県)・伏見(京都府)と並び称される酒都(しゅと)・西条で開催される。全国約1000銘柄の地酒の試飲ができる酒ひろば、名物「美酒鍋(びしょなべ)」が味わうことができ、各蔵元が酒蔵イベントを催します。

名所

鋭意準備中

安芸国分寺跡(西条)

741年(天平13年)、聖武天皇の勅願によって、国ごとに建てられた金光明四天王護国之寺(国分寺)の1つ。昭和11年に塔跡が国史跡に指定され、昭和57年に主要伽藍部分が、平成7年に西側部分が追加指定され現在に至る。北部分で築地と溝が確認され、東西約200m、南北約130mの寺域とされている。

鋭意準備中

鏡山公園(西条)

西条を代表する桜の名所のひとつ。山頂には毛利元就ゆかりの地として知られる鏡山城跡があり、国の史跡に指定されています。ウォーキングコースも併設されており、散歩や運動のコースとしても親しまれています。

鋭意準備中

福成寺(西条)

標高約500mの山頂近くに建つ奈良時代の開基と伝えられる寺院。15世紀に作られた本道内の厨子と須弥壇は国の重要文化財に指定されている。4月下旬から5月上旬にかけて咲くしゃくなげも有名。

鋭意準備中

三ツ城古墳(西条)

県下最大の前方後円墳をはじめとする3基の古墳からなる古墳群で、国の史跡に指定されています。この前方後円墳は、出土品や規模などから5世紀前半(412年ごろ)の築造と推定され、その被葬者は安芸の南部を中心とした首長とみられています。なお現在では斜面に葺石が復元されるなどし、史跡公園としての環境整備が施されている。

鋭意準備中

槌山城(八本松)

西条盆地の西端、標高490mの急峻な槌山に築かれた中世の山城で、明神山城とも呼ばれる。築城年代には諸説あり、不明。大永3(1523)年出雲尼子氏によって鏡山城が落城、守護大名の大内氏が大永5(1525)年以降、拠点を移す。

鋭意準備中

御薗宇城跡(高屋)

鎌倉時代末期に、出羽国平鹿郡を本領としていた平鹿氏(平賀氏)の一族が、元寇に備えて西国に下り、拠点として築いた城。東西120m、南北170mに及ぶ規模で、場内には居館も併設してあったとされ、鎌倉時代の御家人の居館様式を色濃く残し、今に伝える貴重な城跡である。

鋭意準備中

時報塔(志和)

大正11(1922)年、志和堀出身の米国在住者らから鐘が寄付され、在郷軍人会が定時励行を目的に建設した塔状の鐘楼。四面には「時ハ金」「定時励行」「時間節約」などの文字が刻まれている。1997年9月3日登録有形文化財(建造物)に登録され、2000年の解体修理を経て今も尚、「覚醒の鐘」「鐘撞堂(かねつきどう)」と呼称され、親しまれている。

鋭意準備中

明眼寺本堂(福富)

昭和13年(1938)に建築された木造平屋入母屋造、桟瓦葺の浄土真宗本堂。桁行7間、梁間9間半で、右手奥に8畳2室の座敷を張り出す。正面は吹放ちの広縁とし、正・側面には擬宝珠高欄付の切目縁を廻らし、1間向拝をつける。外陣内は、梁間4間の長大な虹梁を二支架け渡す雄大な構造を見せており、組物は肘木を斜めに出し、尾垂木を加えるなど、独特の意匠がみられる。 工匠は、吉田町(現在の安芸高田市)の西谷庄一。

鋭意準備中

深山峡(河内)

周囲に絶壁がそびえ立つ延長約4kmの渓谷沿いには、夫婦岩・猿岩などの奇岩や、姫ヶ滝など、見どころが数多くあります。遊歩道も整備されており、散策・ハイキングにはもってこいで、新緑や秋の紅葉の時期は特にお勧め。

鋭意準備中

黒瀬ダム(黒瀬)

黒瀬川支流のガガラ川上流に位置し、豊かな水をたたえたダム湖は、約500本の桜が咲くビュースポット。

カドーレ-1

上ノ原牧場カドーレ(福富)

ジェラート大好きな人、自然や動物と触れ合いたい人にオススメの『上ノ原牧場 カドーレ』。毎月様々なイベントが開かれ、賑わっています。

カドーレ レポート♪

東広島市福富町 道の駅 湖畔の里福富

湖畔の里福富(福富)

休憩だけではなく、広い芝生に豊富な遊具、デイキャンプ場など一日中遊べる道の駅。

湖畔の里福富レポート♪

鋭意準備中

竹林寺(河内)

標高535mの篁山の山頂付近にある寺院で、縁起によると天平2(730)年に行基によって建立されたと伝わっている。本堂は国の重要文化財に指定されており、永正8(1511)年に再建された。また、木造地蔵菩薩半跏像や護摩堂・十王堂、縁起絵巻など数多くの県・市指定重要文化財が伝わっている。また、寺付近は竹林寺用倉山県立自然公園に指定されている。

鋭意準備中

正副寺山公園(安芸津)

穏やかな瀬戸内海を一望する風光明媚な公園。約1,200本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所。

鋭意準備中

祝詞山八幡神社(安芸津)

貞観3(861)年に勧請され、創建されたと伝わる由緒のある神社。毎年10月の第1日曜日には大祭が開かれ、そこで行われる神賑行列は市重要無形民俗文化財に指定されている。 境内には神社のある風早地区が、万葉集ゆかりの地であることに因んだ歌碑と陶壁もある。

鋭意準備中

ホボロ島(安芸津)

赤崎海岸沖にある無人島。ナナツバコツブムシの生物浸食と波の浸食等によって年々小さくなっています。現在は満潮時に2、3の岩が顔を出す程度となっています。

参考・出典
「東広島市観光協会 公式ホームページ」,<http://www.hh-kanko.ne.jp>2015年7月6日アクセス.
「東広島市公式ホームページ トップページ」,<http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp>2015年7月6日アクセス.
「ひろしま観光ナビ」,<http://www.kankou.pref.hiroshima.jp>2015年7月6日アクセス.
「ひろしま文化大百科 - ひろしまの魅力再発見」,<http://www.hiroshima-bunka.jp>2015年7月6日アクセス.